LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

【幹事必見】結婚式二次会の会費設定のポイント

time 2016/04/17

【幹事必見】結婚式二次会の会費設定のポイント

結婚式二次会パーティーの幹事をお願いされた時、いざ会場決定や会費設定など決めるとなるといろいろ悩んでしまうことがあると思います。幹事に慣れている人などなかなかいないもので、悩むのが当たり前。そこで、いざ幹事になった場合に役だつ結婚式二次会の会費を設定するポイントをご紹介します。


■二次会会費の平均相場について

二次会に参加された方はなんとなく相場感がご存知かもそれませんが、二次会会費は、首都圏で男性7,000円ほど、女性6,000円ほどが平均的な金額となります。全国平均では男性6,000円、女性5,000円ほどとなっています。首都圏の場合は、どうしても会場の費用が高くなってしまうため全国平均と比べると1,000円ほど高くなって数字に出てきていますね。

 


■まずは二次会のコンセプトを確認しよう

まずは、新郎新婦に相談して結婚式二次会のコンセプトを決めましょう。

結婚式に参加できなかった人向けに結婚披露宴寄りの豪華な二次会にするのか?、私服で参加して良いよりくだけたパーティーにするのか?で会場選びや食事内容がずいぶん変わってきます。会場費用と食事が予算に影響を与える一番大切で大きなポイントになりますので、どのような方向性の結婚式二次会にするのかを新郎新婦に確認しましょう。

この点を確認していないと、新郎新婦が考える結婚式二次会とずれてしまう可能性があるので一番重要なポイントですよ。

6


■新郎新婦に持ち出し予算を確認しよう

新郎新婦に二次会における持ち出し金額の意向を確認しましょう。いくらまでの持ち出しを予算と考えているのか?ドレスのレンタル料金などはどうする予定なのか?などを確認した方が良いでしょう。全ての予算をゲスト負担にしてしまうと会費が高くなって参加者が減ってしまうことが考えられます。

このようなことを新郎新婦に聞くことは失礼に感じるかもしれませんが、何も聞かないで進めてしまい二次会ギリギリになってお金でもめる方がよっぽど失礼になります。新郎新婦も、信頼して幹事を任せているので気兼ねなく確認して問題ありませんよ。

2-1-1


■参加する人のカテゴリを想定する

結婚式に参加した人がそのまま流れて二次会に参加する人数が多いのか?そうではなく、二次会のみ参加する人が多いのか?参加する年齢層はどのくらいになりそうか?などで会場設定の仕方、食事の量などが変わってきます。

結婚式からそのまま流れてくるゲストが多い場合は、当然結婚式場にほど近い、もしくは同じ場所などが考えられますし、食事を終えられていることから多くの食事を用意する必要も無くなるでしょう。また、年齢層が若い場合の食事、年齢層が高い場合の食事など配慮する点が見えてきますので、二次会のイメージがしやすくなりますよ。

7


■参加する人の男女比を想定する

会費の平均値からありますように、男女で会費に差をつけるケースが多いようです。男性の方が食事の量が多いところから来るようです。そのため、男女の参加比率によって会費の合計金額が変わってくるので、このポイントも押さえておく必要があります。

また、「参加する人のカテゴリ想定」と同様、男女比が明らかに偏っている場合などは、食事や会場設定の仕方なども変えた方がいい場合もありますので、二次会をイメージするのに役立ちます。

 


■二次会会場を決定しよう

二次会で一番お金がかかるのはやはり「会場への支払い」。一般的に会場を予約してしまうと、一定の期間を過ぎるとキャンセル料金などがかかります。会場側からしたら100人規模のパーティーが直前にキャンセルになってしまったら、大きな機会損失になってしまいますので仕方ありません。そのため、会場の決定は「じっくり」する必要があります。表面金額が安いだけで決めてしまったり、ネットの情報だけで決めてしまったりすると、後から「持ち込み料金がある」「食事がイマイチだった」「会場が使いにくい」「着替える場所がない」などなどが発生してしまいます。新郎新婦と相談して、実際に会場を視察した上で決めるべきでしょう。少なくとも3カ所ほど見て回ると、今回の二次会でどこに優先順位を置くべきなのかがわかってきます。その他、3カ所程度は見学に行って、食事をしてみることをお勧めしますよ。

2


■ゲームや景品等を検討する

二次会パーティーのコンテンツになりますが、ゲームの内容やその景品をどの程度のものを用意するかで予算が変わってきます。この点も新郎新婦と事前に相淡した方が良いでしょう。

1

 

 

いかがでしたか?

結婚式二次会の会費は、周囲の平均相場なども考慮する必要がありますが、最終的にはゲストが満足するかというのが一番大切なポイントだと考えます。会費が安くてもゲストがチープさを感じてしまえば満足度は低いですし、会費は平均相場より少し高くても会場・食事・コンテンツなどに満足度が高ければゲストは決して高かったとは感じないでしょう。

 

■結婚式二次会に関するTIPSはこちら

【幹事必見】結婚式二次会のタイムスケジュールの組み方

結婚式二次会で受付係になったときの押さえるべきポイント

結婚式・二次会余興の組み立て方【おすすめ余興動画20選】

二次会幹事必見!結婚式二次会で盛り上がるゲーム7選

結婚式二次会で使えるオススメの景品まとめ

「高い」と感じるのはいくらから?結婚式二次会の会費設定のポイント

結婚式二次会幹事の失礼のない断り方

結婚式二次会幹事代行って何?メリットとデメリットまとめ

結婚式などパーティーの服装で迷ったら、ラグジュアリーブランドのレンタルドレス「THE DRESS」