LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

結婚式のおよばれにかかるお金はいくらなの?

time 2016/04/02

結婚式のおよばれにかかるお金はいくらなの?

結婚式に参列する際、やはりいつもとは違ってをオシャレをして出かけたいものです。とはいえ、パーティードレス一式全てを揃えるとなると結構お金がかかってしまうのも事実。そこで、実際にどれぐらいかかるか?をまとめてみました。


■ご祝儀

おおむね3万円は見ておいたほうが良いでしょう。

【参考記事】

結婚式のご祝儀金額の相場と書き方マナー


■ パーティードレスコーディネート

パーティードレス等・・・商品によりますが、3万円〜10万円ぐらいはかかるでしょう。ネットで1万円程度で販売しているものもありますが、ペラペラで生地の質が悪いものが多いので注意しましょう。
クラッチバッグ・・・こちらも商品によりますが1万円〜10万円。ブランドのものだとそれ以上かかることもあり。
ヒール・・・3万円〜10万円。おしゃれは足元からという通り、安物のヒールだとすぐにわかってしまいます。パーティーの場での映えるヒールは用意したいもの。

それ以外にパールネックレスなどのアクセサリーが必要になります。


■その他

ヘアセット・・・0.5万円 この部分はセルフアレンジなどで節約できるポイントですね。「結婚式・パーティに!セルフヘアアレンジ30選※やり方付き」の記事を参考にしてくださいね。

それ以外に、結婚式場までの交通費などもかかります。

 

もちろんその人それぞれではありますが、初めて結婚式におよばれして参加するとなると少なくとも合計10万円ぐらいはかかってしまうようです。

本来、非常に楽しいイベントである結婚式は、およばれされるにしても金銭的な負担が大きいのも事実です。特に女性の場合、同じドレスやヒールを何度も着たくないという気持ちがあるので、なおさら金銭的負担が大きくなってしまいますね。


■結婚披露宴のドレスやバックなどの準備に、85.2%が「金銭的負担」を実感している
1

(出典:http://news.mynavi.jp/

「結婚披露宴に出席する際、ドレスやバッグなどの準備に金銭的負担を感じますか」という設問に対して、「大いに感じる」が45.8%、「感じる」が39.4%。なんと85.2%の方が金銭的負担を感じているそうです。


■結婚披露宴で一度着用したドレスを再度着用することに約5割の方が抵抗を感じている

「結婚披露宴で以前一度着用したドレスを、再度着用することに抵抗を感じますか」という設問に対しては、「抵抗を感じる」が48.2%となっています。

やはり女性の場合、結婚式、二次会で共通の友人がいるなどもありますので、同じパーティードレスを何度も着たくないという意識が強いようです。せっかくのハレの場ですし、おしゃれをしたい!でもその反面、金銭的負担も大きくなってしまいますね。

 

いかがでしたか?

結婚式や二次会は参加するだけでも結構お金がかかってしまうもの。そこで、少しでも金銭的な負担を抑えるためにも、パーティドレスのレンタルというのも検討してみるのも良いかもしれませんね。「結婚式のお呼ばれにレンタルパーティードレスのススメ」にまとめていますので是非参考にしてみてくださいね。

 

ラグジュアリーブランドのレンタルドレスなら「THE DRESS」