LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

できる営業だと思われるには?取引先のレセプションパーティーで着ていくべき服装とは?

time 2017/04/28

できる営業だと思われるには?取引先のレセプションパーティーで着ていくべき服装とは?

女性の営業職の場合、取引先のレセプションパーティーにお呼ばれするケースがあると思います。もちろん営業なので、簡単にお断りするわけにもいかないですし、かといって普段営業で着ているようなスーツで伺うというのもイマイチで「気の利かない営業」「できない営業」だと思われてしまいます。

今回はそんなレセプションパーティーで評価される服装をまとめてみました。


■レセプションパーティーとは?

レセプションパーティーとは、会社の何かの記念パーティーや、新店開店、改装などの際に、企業が外部の取引先を招待して行うパーティーとなります。当然、取引のある企業からお呼ばれした際には関係性を考慮して参加することになります。

とりわけ営業職の場合、「営業」「お付き合い」として参加することが多いと思います。また、レセプションパーティーは立食のケースが多いのですが、立食パーティーにふさわしいマナーもあります。

立食パーティーのマナーについては詳しくは「これで完璧!立食パーティーの服装と基本マナー」にまとめてますので参考にしてみてくださいね。


■女性の営業職として気をつけるべきことは?

取引先と接点の多い営業職の方は、そのようなパーティーにお呼ばれすることが多いでしょう。いつもお会いしているお取引先の担当者とレセプションでお会いする際に、「いつもと同じ服装」では決して営業として「できる人」だと思われないでしょう。

もちろんレセプションの種類にもよりますが、基本的にはいつもの営業の場と違い華やかな場であるはずです。そのような場でも「キラリと光る」人材だと思ってもらうには、上品なパーティードレスをうまく活用すると良いと思いますよ。


■レンタルドレスのススメ

営業用のスーツの他にレセプション用にドレスを何着も持っているわけにもいかず、また毎回同じドレスというわけにはいかないものです。そんな時に活用したいのが「レンタルドレスサービス」。例えば購入すると5万円~30万円程度のラグジュアリードレスが9,800円〜15,800円でレンタルすることができます。金銭面だけでなくレンタルドレスは、下記のようなメリットがありますので、次回のレセプションパーティーには検討してみてくださいね。

 

  • 常に最新のデザインのワンピース、ドレスが着ることができる
  • 購入するより費用を抑えることができる
  • クリーニング&保管の必要がない
  • 体型が変わってもレンタルするサイズを変えれば良いので大丈夫
  • 毎回違うデザインのドレス・スーツで参加することができる

■素敵だな!と思わせるドレスとは?

いつもはかっちり目のスーツでも、レセプションパーティーでは少し華やかさのあるドレスを選ぶのがポイントです。いつもとは違う「ギャップ」をうまく利用すると、それだけで会話のネタにすることができますし、相手もいつもとは違うあなたの側面を見ることができ素敵だなと思うことでしょう。

 

mameのコンセプトは「現代社会における戦闘服」。こちらは、胸元に繊細なレースが散りばめられたブラックドレス。動きやすく立食向きでありながら、絶対にできる営業に見えるまさに「戦闘服」ですね。

1114_11114_2

 

一見なんでもなくシンプルなブラックドレスに見えますが、バックは大胆に大きく開きビジューが美しいメゾンマルジェラのドレス。いやらしさがなく営業の場での活躍できる1着ですね。

1108_11108_2

 

ブラックドレスの中に、ピンクのペプラムが華やかさを演出するYOKO CHANのドレス。華美でもなく上品なのでレセプションの場にも最適。

1022_1 1022_2

 

普段営業の場では使わないパールがあしらっているので「ギャップ」を演出するには最適なYOKO CHANのパールドレス。これ一着で完成されたデザインなので余計なアクセサリーいらずですよ。

1095_1 1095_2

 

こちらも普段の営業の場では見せない一面を表現出来るピンクベージュのYOKO CHANのドレス。派手すぎないので失礼なこともなく、上品であるので使い勝手が良い一枚です。

1033_1 1033_2

 

ニット素材のドレスにスパンコールの襟が特徴的。どのような場でも、このセリーヌのドレスなら間違い無いでしょう。

1009_1 1009_2

 

膝が隠れるスカート丈で、どんなパーティーシーンにも活躍してくれるケートスペードのドレス。襟元のスパンコールは立体的なフラワーモチーフでパーティー映えしますよ。

1079_1 1079_2

 

肩が若干隠れるデザインで露出も多くないので、取引先のレセプションパーティーでも大活躍。さすがドゥロワーというデザインなので、間違いなく「素敵なドレスですね」って言われますよ。

1091 1091_2

 

一つ注意すべき点は、いくらレセプションだと言っても「あくまで仕事の一環」だということを忘れないようにしてください。立場をわきまえない華美なドレスや、キャバ嬢のようなドレスなどは厳禁です。

 

いかがでしたか?

営業として身だしなみは最低限のマナーになりますよね。せっかくですからレセプションの場も一つの大きな営業の場だと思って、うまく活用してくださいね。華美である必要はありませんが、上品なドレスがきっと営業の役に立つと思いますよ。レンタルドレスの「THE DRESS」では9,800円からラグジュアリードレスがレンタルできますよ。上記でご紹介したドレスだけではなく多くのドレスの中から選ぶことができます。お気に入りの1着を見つけてみてくださいね。

 

結婚式などパーティーの服装で迷ったら、ラグジュアリーブランドのレンタルドレス「THE DRESS」