LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

パーティードレスに季節ってあるの?素材別の着用時期

time 2017/04/14

パーティードレスに季節ってあるの?素材別の着用時期

結婚式や謝恩会パーティーで着るドレスやワンピース。春夏秋冬に合わせた生地や素材選びは意外と難しいものです。暑さや寒さでは着ていて丁度よくても、季節的にはアンマッチな着こなしをしている人もチラホラ。知らずに恥ずかしい思いをする前に、ポイントを抑えてパーティードレス・ワンピース選びをしましょう。


パーティードレスでよくある素材

アパレル繊維の数は膨大な数があります。とはいえ、普段着ている服の素材タグをみると、よく見る種類は限られてきます。その中でもパーティードレスによく使われている素材をご紹介します。

シルク・・・蚕の糸から作られた天然素材で日本語だと絹ですね。高級素材と言われており、シルク素材の服はそれなりのお値段がします。高級ブランド「HERMES」のスカーフはシルクで作られたものが多いです。肌触りがとても良く、夏は涼しく・冬は暖かい高機能な素材。シルク製のパジャマなども人気ですね。

ウール・・・羊毛から作られた天然素材で日本語表記だと羊毛や毛と記されています。冬に着ているニットはウール素材のものが多いのはよく知られていますね。

コットン・・・綿花(木綿・綿)から作られた天然素材。最近ではオーガニックコットンなどが流行っていて、吸水性が高い為、タオルやTシャツに使われる事が多い。ホームクリーニングしやすい点も人気です。

ポリエステル・・・石油が原料になっている化学繊維。破水性が高く強度に強い。天然素材と比べシワになりにくく頑丈なので現代の洋服では多用されています。パーティードレスでは比較的安価なブランドで使用されています。

ナイロン・・・ポリアミド系の合成繊維。特性はポリエステルと良く似ていて、見た目の違いはわかりにくいかもしれません。あえて違いを言えばナイロンの方が肌触りが良い点でしょうか。

ポリウレタン・・・素材はポリエステルに伸縮性を高める材料を加えたものです。ストレッチの効いた服はポリウレタンが入っています。サイズが不安なパーティードレスやワンピースなどは、素材にポリウレタンが入っているかどうかで伸縮性を確認できます。

キュプラ・・・綿花のくずに銅アンモニア溶液を加えて加工した化学繊維。再生繊維とも言います。別名はレーヨンです。洋服では裏地に使われている事が多い素材です。パーティードレスやワンピースでも裏地で使っている事が多いキュプラ。シーズン問わず利用されている素材と言えます。

アセテート・・・木材パルプを使用した合成繊維。科学物で加工を施している為、半天然素材のハーフハーフですね。素材のツヤ感が良く、染め加工に優れている為、特に女性の服に多用されています。人工的な素材だと安価なように思われがちですが、実は高級素材の1つとして扱われています。また、トリアセテートとの違いは、加工で使用する科学物の量の違いで、トリアセテートの方が強度が強いのが特徴です。ポリエステルやナイロンと混ぜて使われているケースが多いので、お手持ちのドレスの素材タグを見て見たら入っているかもしれませんね。


素材でシーズンを選ぶには?

どんなに素敵なドレスでも、シーズンに合っていないと見た目はもちろん、着心地も悪く感じてしまいます。年に数回の結婚式やパーティー、せっかくオシャレをするんだから、素材も考えてパーティードレスを選びましょう。そこで、上記で説明した素材のおすすめシーズンをご紹介します。

シルク・・・春・夏・秋・冬

天然素材の王様「シルク」シーズンを問わない機能的な素材でもあります。見た目の品も良い為、オールシーズン着ていても周りも違和感はありません。

ウール・・・秋・冬

ニットやコートに使われるくらいの素材ですから、パーティードレスでもやはり季節は秋冬が適しています。たとえ見た目がウールとわかりにくい生地感でも、気温に合わせて快適に過ごす点ではシーズンを合わせた方が良いでしょう。

コットン・・・春・夏・秋

シルクの次に利便性が高く、肌にも優しいコットン。保温性の点では弱い為、冬の着用は避けましょう。

ポリエステル・・・春・夏・秋・冬

化学繊維とは優秀なもので、オールシーズン着用可能です。判断はほぼ、デザインや好みで判断して良い素材ですね。パーティードレス専門の国内ブランドは安価だけ合って、ポリエステルで作られたドレスが殆どです。

ナイロン・・・春・夏・秋・冬(混合素材によって変わります)

ポリエステル同様の判断で良い素材です。ナイロン100%のパーティードレスはあまり無いと思いますが、一部の素材で使われていたり、他の素材と混ざっている場合があります。混ざっている場合は、他の素材を基準にして季節を考えて見ましょう。例えば、コットン40%ナイロン60%と品質タグに書いて合ったら、コットンを基準に考えて、冬は避けるようにしましょう。

ポリウレタン・・・春・夏・秋・冬(混合素材によって変わります)

ポリウレタンはパーティードレスやワンピースで単体で使われる事が少ない素材です。ポリエステルと同じく、他の素材と混ざっている事が多い素材です。目的がストレッチを効かせる為の素材なので、ナイロンと同様に判断しましょう。

キュプラ・・・春・夏・秋・冬

キュプラは前述した通り、裏地に使われる事が多い素材なので、表地の素材で判断するのが良いでしょう

アセテート・・・春・夏・秋・冬(混合素材によって変わります)

ナイロンやポリウレタン同様に混合されている素材で判断がおすすめですが、ナイロンやポリウレタンと混合されているケースが多い素材です。気に入っているパーティードレスの素材がアセテート60%ナイロン30%ポリウレタン10%などと表記されている場合は、オールシーズン着用可能と考えて良いでしょう。あとは。ドレスの色味やデザインで判断しましょう。


素材別ドレスのご紹介

Chloe(クロエ) 

素材: 表地 シルク100%  裏地 ポリエステル100%

1103

シルク100%でオールシーズン着用可能なドレス。上品な光沢ととろみ感が魅力的です。

L’Appartement(アパルトモン)

素材: 表地 毛99% ポリウレタン1%
別布 トリアセテート89% ポリエステル11%
裏地 キュプラ100%

1058_1

表地のメインがウール99%です。薄手に見えますが、ウールなので保温性あり。秋冬にも着られるパーティードレス。今人気のオールインワンですね。

N°21(ヌメロヴェントゥーノ)

素材: 表地 コットン70% ナイロン30% 裏地 コットン100%

1093_1

コットンの割合が高いレースのパーティードレスです。コットン素材はブランド各社も色とりどりのパーティードレスをデザインしてくれるので、春夏の結婚式にぴったりのお呼ばれドレスですね。

FOXEY NY(フォクシーニューヨーク)

素材: 表地 ポリエステル86% ポリウレタン14%
裏地 ポリエステル100%

1062

見た目にはポリエステルがメインの素材とわかりませんね。それくらい化学繊維は進化していますし、優秀です。FOXEY NYはポリエステルを使用しているパーティードレスやワンピースが多く、ホームクリーニングできる理由の1つでもありますね。

MONIQUE LHUILLIER(モニークルイリエ)

素材: 表地 ナイロン100%
コルセット コットン100%
裏地 ナイロン10%
1087_1
ナイロン素材のドレスはとても珍しいのですが、こちらはチュールを何層にも重ねたドレスです。ちょっと特殊だったり、珍しいドレスだとナイロン製だったりしますね。