LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

ホテルで食事をする時の服装マナーとオススメの着こなし

time 2017/03/18

ホテルで食事をする時の服装マナーとオススメの着こなし

デートや記念日、お友達と食事など、ホテルで食事をする時に悩むのが服装ですね。オシャレをするのが楽しみな食事ですが、不安なのがマナー。場違いな格好をしてしまって食事を楽しめないなんてもったいないですね。そこで、これだけ抑えておけば大丈夫!なマナーを服装アイテム別にご紹介します。


服のマナー

ドレスコードという言葉を聞いたことがあると思います。具体的に説明するとなるとちょっと不安ですよね。ここでは、ドレスコードそれぞれの説明と、ホテルの食事に適したドレスコードをご紹介します。

ドレスコード

『フォーマル』とは・・・

ドレスコードの中で一番格式が高い格好です。普段着ではまずしない服装ですね。具体的には、男性なら燕尾服・モーニング・タキシードがそれに当たります。女性は、昼・夜で変わります。昼→留袖、アフタヌーンドレス(袖あり、膝丈など)夜→留袖、イブニングドレス(袖無し、ロング丈など)

日本で生活していてフォーマルのドレスコードを体験するとしたら、ご自身の結婚式や(ウェディングドレスは正装なんです)かなり格式の高い式典などでしょうか。頻繁に経験しないドレスコードだからこそ、わからないというのもありますね。

 

『セミフォーマル』とは・・・

結婚式に招待された際の一般的なドレスコードがセミフォーマルですね。男性なら、タキシード・スーツ。女性はフォーマルと差がほとんどなく、昼と夜で少しだけ変わります。

『カジュアル』とは・・・

結婚式の二次会やお仕事関連のイベントなどで招待状によく書いてあるドレスコード『カジュアル』一言で言われても正直わかりにくいですよね。この場合は男性なら、衿つきのシャツ(ポロシャツ可)フルレングスのパンツ(ハーフパンツはNG)、革靴。女性ならワンピース・2ピース・パンツスーツ・シャツ&スカートです。カジュアルといっても、Tシャツやデニムやサンダルが良い訳ではありませんのでご注意を。

 

ホテルの食事なら『カジュアル』でOK

有名なホテルの中にあるレストランなら、ホームページにドレスコードを書いてくれているところが多く、よく目にするのは『ビジネスカジュアル』『スマートカジュアル』『カジュアルエレガンス』です。これは全て同じ意味を指しており、女性なら先ほど説明した『カジュアル』のドレスコードで大丈夫です。男性はセミフォーマルとカジュアルの間を選んだ方がよく、『カジュアル』の格好でもジャケットは羽織った方が良いですね。


シューズ(靴)のマナー

服が決まったら、それに合う靴をコーディネート。靴にもマナーがあります。服のドレスコードと比べて判断は簡単ですのでポイントを押さえてオシャレを楽しみましょう。ホテルの食事なら足元は男性→紐靴やローファーなどの革靴。女性→パンプス(つま先とかかとが隠れるタイプがオススメです)。NGは男女ともに同じで、ビーチサンダル・スニーカー・ミュール(かかとが無いタイプ)です。


バッグ(鞄)のマナー

意外とマナーが分かりにくいバッグ。そもそもバッグのマナーってあるの?という方も多いです。男性はバッグを持たないパターンが多いですが、女性は手ぶら。という訳にはいきません。ここでは女性がホテルで食事の際に気をつけたいバッグのマナーをご紹介します。

注意点は3つだけ

①服装に合っている

バッグもコーディネートの1つ。素敵な服装に合ったバッグを選びましょう。セミフォーマルやカジュアルな格好に合うバッグは、ハンドバッグやクラッチバッグ(パーティーバッグ)です。

②カジュアルすぎない

服装のマナーと同様に、バッグもカジュアルになりすぎないようにしましょう。NG例は、スポーティーなバッグ(ナイロン製やロゴ入り)高級ブランドであってもリュックサックやトートバッグは避けましょう。

③汚れや傷みがない

お食事の席で、素敵な服装をしているので、身だしなみとしてバッグのケアにも注意したいところです。お気に入りのバッグでも痛みすぎていたり、汚れが目立つものは避けましょう。


アクセサリー・ジュエリーのマナー

女性なら、ネックレスやイヤリング(ピアス)、ブレスレットなどがオシャレに欠かせませんよね。ではホテルで食事の際に注意するポイントはどんなことでしょうか?

音がでないものを選ぶ

楽しいお食事で、アクセサリーからジャラジャラと音がしたら、気を取られて相手に失礼になってしまいます。特に、よく動かす手元のブレスレットやバングルなどは、動きによって音がでないタイプを選びましょう。


オススメコーディネート

1111

(出典:https://the-dress.co/products/detail/216

mame(マメ)のお袖がレースになったドレスです。肌の露出が少なく、袖に華やかさがあってセミフォーマルでもカジュアルでも大丈夫なドレスですね。ドレスと同じカラーのブラックのパーティーバックとコーディネート。

 

 

1101_1

VALENTINO(ヴァレンティノ)のグレージュカラードレス。胸元のビジューがジュエリー代わりにもなる、素敵なドレスです。素材がシルクなので、生地の上質さも感じます。こちらもセミフォーマル・カジュアルどちらもOKです。

 

1100_1

(出典:https://the-dress.co/products/detail/198

YOKO CHAN(ヨーコチャン)のパールがワンポイントになっているドレス。コクーンシルエットのドレスでスタイルがよく見えますね。シンプルなブラックだけど、パールがアクセサリーになってカジュアルなホテルの食事にぴったりです。

 

(出典:https://the-dress.co/products/detail/118

お首まわりがロールカラーになったプリンセスラインのFOXEY NYのドレス。ウエスト周りはストレッチで補正効果あり、とてもスタイルが良く見えるドレスです。さすがFOXEY NY(フォクシーニューヨーク)!と感じる一着です。よりスカートのボリュームを出したい時はパニエを着用すると良いですよ。

 

(出典:https://the-dress.co/products/detail/306

ジョーゼットマントのお袖部分がレースになったドレッシーなデザインです。レース部分から見える素肌が絶妙な抜け感を出してくれます。どちらかというとカジュアルなホテルの食事向けという感じです。

 

 

結婚式などパーティーの服装で迷ったら、ラグジュアリーブランドのレンタルドレス「THE DRESS」