LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

ニューヨークのキャリアウーマンを魅了した『kate spade new york(ケイトスペードニューヨーク)』

time 2016/10/19

ニューヨークのキャリアウーマンを魅了した『kate spade new york(ケイトスペードニューヨーク)』

1993年にアメリカで誕生した『kate spade new york(ケイトスペードニューヨーク)』歴史の浅いブランドですが、ファッションに敏感な人なら知らない人はいないと言っても間違いありません。幅広い層から支持を得ている『kate spade new york』の成り立ちをご紹介します。


デザイナー『kate spade』

創業者であるkate spade(ケイトスペード)はアメリカ生まれ。若い頃からバッグが大好きで、大学でジャーナリズムを専攻。卒業後はニューヨークにあるマドモアゼル誌でアクセサリー担当のエディターとして働いていた。ファッション誌で働きながら、常々思っていたことは、「素敵なバッグがない」と、大好きなバッグに対する現状への不満。

7

(出典:http://www.bianoti.com/

当時の恋人(現在の夫)であるAndy spade(アンディ・スペード)にもその不満をよく話していた。ある時アンディから、「自分が好きなバッグの会社を作れば?」と言われた事をきっかけに、ブランド立ち上げの準備を行う。


kate spade new york(ケイトスペードニューヨーク)が誕生するまで

ケイトは91年にそれまで働いていたマドモアゼル誌を退社。退社後は、ブランド設立のための準備や、コストのリサーチを行っていた。93年kate spadeを立ち上げる。当時はバッグのみのブランドだった。ちなみに、当時ケイトはkate spadeという名前ではなく、自身のファーストネーム『kate』とアンディのラストネーム『spade』を組み合わせて作った。

8

(出典:http://www.chasingyoung.com/


ブランドの成長

ファッション誌でエディターとして働いていた経験が活かされ、世の中の女性ニーズを抑えたkatespadeのバッグは瞬く間に人気となった。

9

(出典:http://highfive-aloha.com/

1996年にはCFDAのアクセサリー部門の新人賞(New Fashion Talent)を受賞。98年にはCFDAのアクセサリーデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。同時に全米各地に新店舗を続々とオープンさせていった。取り扱いアイテムの幅も徐々に広げていく。

1998年ステーショナリー

1999年シューズ。メンズラインである「ジャック・スペード」をスタート。この頃、ブランドはニーマン・マーカス(Neiman Marcus)の傘下に入る。

2001年アイウェア

2002年コスメ(エスティローダーと提携)

2004年東京青山に旗艦店オープン

2006年11月、リズ クレイボーングループに入る。当時ケイトとジャックはデザイナーとしてブランドに残る予定だったが、翌年2007年8月に辞任している。


 

ラグジュアリードレスレンタルのTHE DRESS」ではkate spade new york(ケイトスペードニューヨーク)のドレスを多数取り扱っています。9,800円からレンタルすることができますので、結婚式、謝恩会、同窓会などでご利用してみてはいかがでしょうか?

kate spade new yorkドレス一覧はこちらから↓

katespade