LIFE IS DRESS

結婚式、二次会、謝恩会、レセプション、同窓会などのパーティー。そんなパーティーにまつわるパーティードレスやゲストドレス、クラッチバッグ、パーティーコーデ、マナーの情報などを発信中。

憧れのエルメス♡スカーフの巻き方いろいろ

time 2016/06/04

憧れのエルメス♡スカーフの巻き方いろいろ

毎年選ばれたデザイナーが手がけるHERMES(エルメス)のスカーフ。お気に入りの絵柄をコレクションしているファンも多く、永遠の人気を保持していますね。見た目だけでなく、上質なシルク素材を使ったスカーフはお肌への負担もなく、冬はマフラー代わりに、夏はアクセントとしてのオシャレにと、幅広く使えます。お気に入りの柄や色を選んでオシャレを楽しめるスカーフ。巻き方のバリエーションが増えたらもっと楽しめますよね。世界のファッショニスタから、スカーフの巻き方をご紹介します。


■デニムのベルトに

1

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)のツイリーをベルトに。ホワイトデニムだと、スカーフがアクセントになって素敵。

4

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)のカレ70×70もしくは90×90がおすすめのサイズ。写真ではスカーフリングを使用していますが、そのまま結んでもOKですね。

 

5

(出典:https://jp.pinterest.com/

スカーフリングはエルメスの『シェーヌ・ダンクル』


■白Tシャツの首元に

2

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)のカレ90×90サイズを2重巻に軽く巻きます。


■ノースリーブの首元に

3

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)カレ70×70サイズがオススメ。Vネックのお洋服と相性ぴったりです。


■タートルニットに

4

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)カレ70×70サイズをタートルの上からラフに巻いて。グレーのニットに鮮やかなブルーが冬の着こなしを明るくしてくれます。


■ヘアバンドとして

5

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)カレ70×70サイズがオススメ。5cmくらいで、三角に折りたたんで巻いて。耳の後ろあたりをピンで留めるとズレ防止になりますね。

最近は #ターバンアレンジ としてオシャレに敏感な女子に人気ですね。

hermes_scarf

(出典:https://jp.pinterest.com/

巻き方もいろいろあって、アレンジ次第で毎日のファッションを楽しめるのも人気。

hermes_scarf2

(出典:https://jp.pinterest.com/

まずはオーソドックスなこちらのやり方からチャレンジしてみてね

hermes_scarf3

(出典:https://jp.pinterest.com/


■手首ぐるぐるぐ巻き

6

(出典:https://jp.pinterest.com/

HERMES(エルメス)ツイリーを巻くだけでバングルに。


■コートのベルト代わり

1

(出典:https://jp.pinterest.com/

トレンチコートのベルトをスカーフに変えたり、チェスターコートをスカーフでウエストマークしても可愛いです。


◼︎マフラー代わりに

6

(出典:https://jp.pinterest.com/

普段のマフラーをスカーフに変えるとこんなに鮮やか。冬でも明るいカラーで気分も上がりますね。

エルメスのカレ140×140くらいあると十分ですね。


◼︎カゴバッグの持ち手に巻いて

7

(出典:https://jp.pinterest.com/

ケリーやバーキンの持ち手にスカーフを巻くのはよく見かけますが、カゴバッグとの相性がとっても良いんです。

スカーフのサイズはバッグの持ち手に合わせて選びましょう。

8

(出典:https://jp.pinterest.com/

CELINE(セリーヌ)のラゲージと合わせても素敵ですね。ちょうど良いスカーフはtwillys(ツイリー)です。

 

1枚持っているだけでいろいろ使えます。シーズン問わず使えるところも良いですね。

 

結婚式などパーティーの服装で迷ったら、ラグジュアリーブランドのレンタルドレス「THE DRESS」